イメージ

23日午後1時35分ごろ、静岡県河津町内の国道141号を走行していた中型トラックが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた大型観光バスと正面衝突する事故が起きた。この事故でトラック側の4人が重軽傷。バス側の8人が軽傷を負っている。

静岡県警・下田署によると、現場は河津町梨本付近で片側1車線の緩やかなカーブ。中型トラックは左カーブを曲がりきれずに対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた大型観光バスと正面衝突に至ったものとみられている。

双方の車両は中破。トラックを運転していた千葉県君津市内に在住する29歳の男性が骨折などの重傷。同乗していた男性3人も打撲などの軽傷を負った。また、バスの乗客乗員32人のうち、8人が打撲などの軽傷を負い、近くの病院へ収容されている。

事故当時、現場付近では強めの雨が降っていて視界が悪く、路面も滑りやすい状態となっていた。警察ではトラックの運転者がハンドル操作を誤ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。