デンソーが発表した2012年3月期の連結決算は、営業利益が前年同期比14.7%減の1607億円で減益となった。

売上高は同0.7%増の3兆1546億円。東日本大震災の影響で前半は大きく落ち込んだものの、市場の回復に合わせ売上げも伸長した。

収益面では、円高による為替差損などにより、経常利益は同12.8%減の1808億円、最終利益は同37.6%減の893億円となった。

今期の業績見通しについては、売上高が同8.4%増の3兆4200億円、営業利益が同27.5%増の2050億円、経常利益が同18.9%増の2150億円、最終利益が同68.0%増の1500億円となる見通し。