日本精工は、5月23日から25日までパシフィコ横浜(神奈川県横浜市)で開催される「人とくるまのテクノロジー展2012」に出展する。

電動パワーステアリング(EPS)は、高効率・高出力化により操舵感を向上させた「モータ・ECU近接配置コラムタイプEPS」、ブラシレスモータを採用し高出力、小型・低騒音に加え、モータ制御技術により操舵感を向上させた「小型・高出力ピニオンタイプEPS」などを展示する。

ハブユニット軸受では、冷間成形により大幅な軽量化を実現した「軽量冷間成形ハブユニット軸受」、信頼性を向上させるシールやグリースなどの技術、さらにはEVへの対応を見据えた未来製品の展示を行う。

ドライブトレイン関連製品では、低トルク化を実現する材料熱処理技術・油流制御技術と、それらの技術を適用した「超長寿命玉軸受」や「油流制御機構付き一体型スラストニードル軸受」などの製品の展示する。