日産マーチ

河西工業は27日、テック シー プラスチック社(TSP社)とアセアン地域における提携関係を一層強化するため、マレーシアにおいて製造拠点を設立することに合意したと発表した。

河西工業は、2007年3月にTSP社とタイで合弁会社を設立、その後TSP社傘下のインドネシア拠点へ出資、製造拠点を設立するなど、アセアン地域拠点を整備してきた。タイ拠点では、日産『マーチ』向けを中心とした内装部品供給に加え、各車サンバイザー部品の同国内での供給および日本向け輸出を展開。またインドネシア拠点ではホンダ『フリード』向けおよび日産『リヴィナ』向けを中心に内装部品供給事業を行っている。

今回新たな製造拠点を設立することで、自動車需要の拡大が見込まれるアセアン市場における事業基盤を強化。自動車メーカーの生産能力増強に伴う要請に応えていくとともに、日本を含むアジア地域への部品供給体制を整えていく。

新会社の資本金は500万リンギット(約1億2500万円)、出資比率はTSP社75%に対し、河西工業が25%。出資比率を低く抑えたのは、両社の既存合弁会社で、河西工業の出資比率が高く、全体のバランスを取ったため。

日産マーチ