ウエストアンジェラス鉄鉱山で稼働中の無人ダンプトラック運行システム(AHS)

コマツが発表した2012年3月期の連結決算は、税引前当期純利益が前年同期比13.6%増の2496億円と増益となった。

建設機械・車両部門は、一般建設機械分野で中国の需要が大きく減少したものの、他のアジアや中南米などの戦略市場と、日米欧の伝統市場の需要の増加でカバーした。鉱山機械分野では本体、部品・サービス全般で需要は好調に推移した。産業機械他部門は、ワイヤーソーの販売が低調だったが、プレス機械、工作機械などの販売が増加した。これらの結果、売上高は同7.5%増の1兆9817億円と増収となった。

収益では、為替差損の減益効果があったものの、増収や販売価格・製造原価の改善の効果から営業利益は同15.0%増の2563億円、当期純利益が同10.8%増の1670億円となった。

今期の業績見通しは売上高が同6.0%増の2兆1000億円、営業利益が同22.9%増の3150億円、税引前当期純利益が同23.4%増の3080億円、最終利益が同13.7%増の1900億円となる見通し。

コマツ、ホイールローダーWA150