メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》

メルセデス・ベンツ日本からフルモデルチェンジした『Bクラス』が発売された。そのインテリアはこれまでのメルセデスのイメージを一新するものとなっている。

『SLS AMG』の流れをくむ、航空機をイメージした丸型のエアアウトレットはBクラスでも目を引くが、それ以上に特徴的なのは、「(助手席端のエアアウトレット下から運転席右のエアアウトレット下までの)トリムを大胆に大きなパーツとして使った、斬新なデザインでしょう」と語るのは、商品企画・マーケティング部の熊谷友貴さん。

「通常は助手席前の一部などですが、今回は運転席横にまで通したデザインです。モデルによってこの素材が異なり、室内のイメージがガラッと変わるポイントでもあります」

これらを踏まえ、熊谷さんは「メルセデスに抵抗があったユーザーには、新しいデザインに感じてもらえるかもしれません。もちろん、これまでメルセデスに乗っていたユーザーにも納得してもらえる質感に仕上がっていますし、先代からもかなり向上しています」という。

また、後席について、オプションの「イージーバリオプラス」を装着することで、更に機能性が高まると話す。「後席のスライドやリクライニングが可能となり、また、ラゲッジフロアの高さ調整機能も備わるので、ラゲッジルームのアレンジも多彩になります」とし、他のメルセデスにはないBクラスならではの装備だと述べる。

熊谷さんは、「個人的に大好きです。友人と一緒にクルマで出かけることが多く、リアシートにも人を乗せるのですが、とても広いので、自信を持って是非乗ってみてほしいと言えます。また、インテリアの質感も然りで、とても気に入っています。アクティブに使えるクルマに仕上がっていますので、いろいろな使い方で楽しんでもらいたいですね」と笑った。

メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 内田俊一》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》 メルセデスベンツBクラス新型《撮影 野口岳彦》