日本興亜損害保険は26日、JCBカード会員向けに旅行先でのけがや、偶然の事故で身の回り品に生じた損害をなどJCBカードの付帯保険がカバーしてないリスクを補償する「トッピング保険」の提供を開始した。

インターネットで住所などの入力の手間が無く24時間、簡単に加入手続きができる上、保険料を補償内容ごとに月400円以下の小額に設定しているのが特徴。また手続きの翌日から補償が開始されるため、レジャーなどでの急な予定にも対応できるとしている。

トッピング保険では、身の回り品の損害を新価で補償する「携行品プラン」(月払保険料280円)のほか、旅行先や日常生活での様々なけがを補償する「旅プラン」(同360円)、日常生活の賠償責任を補償する「日常生活賠償プラン」(同130円)、自転車使用中の店頭によるけがや歩行者と衝突した際の賠償責任を補償する「自転車プラン」(同300円)、ゴルフ中のけがや賠償責任を補償する「ゴルフプラン」(同360円)の5種類の設定となっている。