旭化成ホームズと大阪ガス、東京ガスは、二世帯住宅で家庭用燃料電池「エネファーム」と、太陽光発電でつくった電気と熱を2世帯間で融通し、光熱費ゼロ、CO2排出量差し引きゼロを実現するシステムを共同開発した。

戸建の二世帯住宅の世帯間でエネファームの電気と熱を融通するシステムは初めて。旭化成ホームズが4月28日から発売する新商品「へーベルハウス&NiCO」にシステムを採用する。

エネファームは、ガスから取り出した「水素」と空気中の「酸素」を化学反応させて発電するシステム。

各世帯の電気と給湯の需要を合わせた2世帯でのエネルギー需要に対して1台のエネファームが運転するため、つくった電気と熱をより効率的に2世帯へ供給する。また、給湯については、1世帯目はエネファームから直接お湯を供給し、2世帯目はエネファームからのお湯を高効率給湯器「エコジョーズ」を通して供給するため、2世帯の熱需要に対し十分なお湯を供給できる。