三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》

三菱自動車工業の益子修社長は26日の決算発表の席上、3月にタイで生産を始めたグローバル戦略車の『ミラージュ』について、2012年度は「世界で8万台の販売をめざしたい」と表明した。

ミラージュは生産開始したタイでは、すでに1万7000台を受注し「大変好調な出足」(益子社長)と評価している。日本では今夏から投入し、12年度は3万台の計画とした。

また、日本での燃費は「10・15モードで1リットル当たり30kmとして取り組んできた。現在はJC-08モードによる審査が進んでいる」とし、クラス最高レベルが確保できるとの見通しを述べた。

一方で収益性については「タイではスモールカー生産に対する政府のインセンティブもあり、しっかりと収益をあげることのできるプロジェクトだ」とし、利益確保にも自信を示した。

三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》 三菱 ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》