ダイハツ・ミライース

全体相場は小幅続伸。前日の欧米株高を受け、自動車株、金融株を中心に買いが先行。しかし、円相場が対ドル、対ユーロで円高に振れたことで急速に伸び悩みに転じた。

大引け間際に買い戻しが入り、平均株価は前日比82銭高の9561円83銭とかろうじてプラス圏で終了した。

自動車株は総じてしっかり。ホンダが26円高の2896円と反発。トヨタ自動車が10円高の3290円と小幅ながら続伸した。

ダイハツが79円高の1533円と大幅続伸。前引け後に発表した今3月期連結純利益見通しが前期比7%増の700億円と市場予想を上回ったことで買いを集めた。軽自動車『ミライース』の好調、インドネシアを中心とする海外事業の好調が好業績を支えている。

マツダ、三菱自動車、日野自動車もしっかり。こうした中、日産自動車が9円安の831円と反落。スズキ、いすゞもさえない。