ホンダが渋滞予兆検知技術を開発、前車と同調した滑らかな走行で渋滞を抑制する (写真:システム搭載時の渋滞抑制効果イメージ)

ホンダは26日、世界初の渋滞予兆検知技術を開発したと発表。同技術を応用したシステムの実験を東京大学先端科学技術研究センターと共同で実施、後方車の平均車速が約23%、燃費が約8%向上するという結果を得たとしている。

同社は、1台の車両の加減速走行が後方車の走行に影響して渋滞の発生に起因することに着目した。

今回開発したシステムは、すでに発生した渋滞情報をもとに渋滞を回避するための情報をドライバーに提供するのではなく、1台の車両の加減速変動の走行パターンをモニターして、渋滞の発生につながる走行であるかを判定する。

判定結果をもとに、車載端末画面の色を変化させるなど、ドライバーに適切な情報提供を行うことで滑らかな走行を指示。後方車の加減速変動の走行パターンをやわらげて渋滞の発生を未然に抑制する。

また、車載端末をインターネット上のクラウドサーバーに接続して、前方車の走行パターンを把握し車間距離を一定に保つ「ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)」を起動させる最適なタイミングを付与。前方車と同調した走行に制御することで、より効果的に渋滞抑制および燃費改善の効果を高めることができるとしている。

ホンダでは、5月にイタリア、7月にインドネシアで、渋滞抑制効果の公道実験に取り組み、実用化を目指していく。