23日午前0時ごろ、岡山県岡山市南区内の県道を走行していた2人乗りバイクが、前方で右折を開始した乗用車の側面に衝突する事故が起きた。バイクは転倒。14歳の少年2人が死傷した。2人ともヘルメット未着用だった。

岡山県警・岡山南署によると、現場は岡山市南区大福付近で片側1車線の直線区間。2人乗りバイクは対向車線側へ進入し、前走車を強引に追い抜くようにして走行していたが、さらに前方を走行していた乗用車が、道路右側のレンタルビデオ店に入ろうと右折を開始。バイクは進路を塞がれる状態となり、そのままクルマの側面に衝突した。

衝突の弾みでバイクは転倒。14歳の少年2人が乗っており、うち1人が胸部強打でまもなく死亡。もう1人も足を骨折するなどの重傷を負った。乗用車を運転していた倉敷市内に在住する50歳の男性にケガはなかった。

現場の制限速度は40km/hだが、目撃証言によるとバイクはそれを確実に上回る速度で走行していたとみられる。警察では運転者の特定を進めている。