イメージ

23日午前4時15分ごろ、静岡県島田市内の東名高速道路上り線を走行していた大型トラックに対し、後ろからきた別の大型トラックが追突する事故が起きた。この事故で被追突側のトラックに積載されていたペットボトル約5000本が路上に散乱した。

静岡県警・高速隊によると、現場は島田市船木付近で片側2車線の緩やかなカーブ。第1車線を走行していた大型トラックに対し、後ろから進行してきた別の大型トラックが追突。被追突側のトラックは道路左側の路外に逸脱し、ガードレールなどに衝突。追突側のトラックは急ハンドルを切った弾みで第2車線側へ逸脱し、そのまま中央分離帯に乗り上げた状態で停止した。

この事故で被追突側のトラックを運転していた岐阜県美濃加茂市内に在住する46歳の男性が頭部などを強打する重傷。追突側のトラックを運転していた岡山県岡山市内に在住する49歳の女性も打撲などの軽傷を負った。

また、被追突側のトラックの荷台が壊れ、積載していた飲料のペットボトル約5000本が周囲に散乱。これを回収するため、現場を含む袋井〜吉田インターチェンジ間が約5時間30分に渡って通行止めとなった。

事故当時、現場付近では弱い雨が降っていて、見通しが若干悪くなっていた。警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。