アストンマーチン・ヴィラージュ

英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーチンは20日、2011年通期の決算を明らかにした。

同社の発表によると、売上高は2008年以来、過去最高となる5億0680万ポンド(約665億円)。前年比は7%増となった。

一方、EBITDA(税引き前利益に支払い利息と減価償却費を加算したもの)は、7620万ポンド(約100億円)。新市場の開拓への投資がかさみ、前年比は18%減と落ち込んだ。

2011年の世界新車販売台数は、前年実績とほぼ同じ約4200台。アストンマーチンのウルリッヒ・ベッツCEOは、「2011年の結果は、独立したスポーツカーメーカーとしての存在感を示すもの。中国を中心に世界市場での拡大計画を進め、新型車開発への投資も続ける」と述べている。