IHIは、ワイトリシティ・コーポレーションと、非接触給電についてIP(知的財産)ライセンス契約を締結し、自動車向けと産業用途向けの非接触給電装置を共同開発することで合意した。

ワイトリシティの非接触給電は磁界共鳴方式で、3kWを超える電力を20cm離れて効率90%以上で送電可能。この技術を用いることで、ケーブル無しで電気自動車(EV)の充電が可能になり、自宅駐車場などに埋設すれば、走行距離が短いため、頻繁な充電を強いられるEVの利便性を高めることができる。

IHIは、非接触給電装置を電気自動車に搭載し実際の利用状況を想定したテストを開始している。今回のIPライセンス契約の締結で、IHIも非接触給電装置の製造・販売が可能になる。今後、装置の商品化に向けて、実証試験や非接触給電が社会に受け入れられるための活動を強化していく方針だ。

IHIは、自社製品向けの電気制御装置を開発してきた経験を活かし、EVを市販している三菱自動車をはじめとする自動車メーカーと協力し、非接触給電装置の車載側の開発や、充電ステーション向け非接触給電装置の送電装置の開発を進めている。今後、非接触給電装置の車載側(受電)・地上側(送電)双方のサプライヤーとなることを目指す。