ハイブリッドカー、電気自動車への興味・関心

カカクコムは、同社の運営する「価格.comリサーチ」で、クルマの購入に関する意識調査を実施。その結果を公表した。消費者の乗用車に対する関心の中心は「燃費」に移ってきていると分析している。

自家用車の所有割合では、89.3%の世帯が乗用車を所有しており、前回調査時の88.4%を若干上回った。

所有している車種では、「ミニバン」が24.2%でトップ。以下「軽自動車」が19.2%、「コンパクトカー」が16.8%と続いた。軽自動車とコンパクトカーは前回調査より増加しているが、「セダン」は割合を減らしている。

買い換えたい車種では、「コンパクトカー」が20.8%でトップ。2位が20.0%で「ミニバン」、3位が16.0%で「軽自動車」となった。

ハイブリッドカーや電気自動車への興味では、買い換え予定がある人の80.8%が興味を持っていると回答。いずれも興味がないと答えたのは19.2%だった。

買い換え理由では、「所有期間が長くなったから」が57.2%でトップ。2位は31.5%で「燃費に不満があるから」で、「環境に配慮したいから」の10.4%を加えると4割以上の人が環境性能をクルマ選びの基準としていることがわかった。その一方、「走行性能に不満があるから」は6.1%、「デザインに飽きたから」は3.9%にとどまっている。

同社では、ここ数年の間に消費者の乗用車に対する関心の中心は「燃費」に移ってきていると分析。ただし、ハイブリッドカーやエコカーが一般化した今、売れるクルマを作るためには、プラスアルファの部分、たとえば「楽しさ」のようなものが求められてくるのではないかとの考えを示している。

クルマの購入に関する意識調査は4年ぶりの実施で、価格.com ID登録ユーザーを対象に、9381人からの回答を得た。

クルマを買い換える理由 購入したいクルマのタイプ 所有しているクルマのタイプ