東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)

日産自動車と東風汽車の中国合弁、東風日産は23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、「ヴェヌーシア」ブランドのコンセプトカー、『e-コンセプト』を初公開した。

ヴェヌーシアは、日産自動車と東風汽車の中国合弁、東風日産が中国専用に立ち上げた自主ブランド。2011年11月の広州モーターショー11では、同ブランド初の量産車として、『D50』が披露されたのが記憶に新しい。

このe-コンセプト、どこから見ても日産自動車のEV、『リーフ』そのもの。ただしe-コンセプトに関して、東風日産は「中国で現地生産し、2015年までに発売する」としか明らかにしていない。

e-コンセプトとリーフの違いとして指摘できるのは、フロントマスク。充電ソケットカバー部分やバンパーが、専用デザインとなっている。ホイールのデザインも異なるのが見て取れる。

東風日産は北京モーターショー12において、ヴェヌーシアブランドの新型車を毎年投入し、2015年までに年間30万台を販売すると宣言。この中に、リーフのヴェヌーシア版が含まれることになる。

東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風日産のブランド、ヴェヌーシアのe-コンセプト(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》