スバル・インプレッサ《写真 椿山和雄》

富士重工業が25日発表した2011年度(2011年4月〜12年3月)の生産・国内販売・輸出実績によると、世界生産台数は前年度比2.4%増の63万8634台。2年連続で過去最高を記録した。

国内生産は、年度前半に震災の影響で伸び悩んだが、10月以降の増産でカバー。同2.0%増の46万8005台で過去最高台数となった。

海外生産も北米向け『レガシィ』が好調に推移。同3.6%増の17万0629台で過去最高を記録した。

国内販売は同7.8%増の17万8214台。前半は震災による在庫不足の影響があったが、後半は『サンバー』、新型『インプレッサ』の販売が好調に推移。7年ぶりに前年を上回った。

輸出は同4.6%減の31万4838台。前半での震災による輸出台数の減少が大きく影響。後半はレガシィとインプレッサの好調により挽回したが、2年ぶりに前年を下回った。

スバル・レガシィ(北米仕様)