今年1月に神奈川県横浜市緑区内で発生した死亡ひき逃げ事件について、神奈川県警は21日、事故当時は同市内に在住していた52歳の男を自動車運転過失致死や道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕した。愛知県内まで逃走していたという。

神奈川県警・緑署によると、問題の事故は2012年1月14日の午後11時20分ごろ発生している。横浜市緑区十日市場町付近の県道で、歩道から車道にはみ出すようにして倒れている60歳の男性を通行人が発見。警察に届け出た。

男性は全身を強打しており、事故から約3時間後に収容先の病院で死亡。周囲にはクルマのものとみられる部品や破片が散乱しており、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。その後の車当たり捜査で容疑車両を特定した。

しかし、事故当時に容疑車両を運転していたとみられる男は2月初旬にそれまでの居住地から逃走。警察ではその行方を追っていた。

今月に入り、男が愛知県名古屋市内に潜伏しているとの情報があり、警察は現地に捜査員を派遣。目撃情報のあった場外馬券売場で張り込みを続けていたところ、現れた男を確認。ひき逃げ容疑で逮捕した。

調べに対して男は「自分はやっていない」として、容疑を否認しているようだ。