GMのダン・アカーソン会長兼CEOとPSAのフィリップ・ヴァラン会長(参考画像)

フランスの自動車大手、PSAプジョーシトロエン。同社がインドにおいて、GMと共同生産を検討していることが分かった。

これは24日、北京モーターショー12の会場において、メディアの取材に応じたPSAアジアのグレゴワール・オリビエCEOが明らかにしたもの。同CEOは、「我々はインドに工場を建設する計画を見直すつもりだ。PSAはGMと提携した。GMはインドに工場を持っている。だから、計画を見直すのだ」と述べ、GMのインド工場で共同生産する可能性を示唆したという。

GMとPSAは2012年2月末、資本提携を含めた包括的な提携で合意。3月にはGMとPSAの役員各5名、合計10名で構成するアライアンス運営委員会を設立し、両社の提携事業の具体的な内容をまとめる作業に着手している。