第一汽車の高級車ブランド、紅旗の新リムジン、L7(北京モーターショー12)

23日、中国で開幕した北京モーターショー12。第一汽車(FAW)の高級車ブランド、「紅旗」のブースでは、ガラス越しにしか見られない「厳重警戒モード」のリムジンが注目を集めた。

第一汽車は、中国三大メーカーのひとつ。1953年に旧ソビエト連邦の支援によって設立され、1956年からトラックの生産を開始した。1958年には、自社ブランド、紅旗を立ち上げ。紅旗は第一汽車の高級ブランドに位置づけられ、伝統的に中国要人向けのリムジンを開発してきた。

過去には、アウディやリンカーンをベース車両に起用。2006年に発表された『HQ3』は、トヨタ『クラウンマジェスタ』をベースに開発された。また、2009年10月の建国60周年軍事パレード用に、紅旗『HQE』を新開発。胡錦濤国家主席が、このHQEに乗ってパレードを行っている。

第一汽車は今回の北京モーターショー12において、紅旗ブランドの新たな最上級リムジンコンセプトカー、『L7』を初公開。ベージュ色のカーペットが敷かれた上に置かれたL7は、周囲をガラスで囲まれ、実車に触れることはもちろん、近づくことも許されないという異例の雰囲気の中での展示となった。

このL7、スペックなど車両の詳細はいっさい公表されていない。全長6mを超えようかというクラシカルなフォルムは、いかにも中国要人の専用車という圧倒的オーラを放つ。すでに納車先は、決定済みといったところだろうか。

第一汽車の高級車ブランド、紅旗の新リムジン、L7(北京モーターショー12)