フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル(北京モーターショー12)

フォルクスワーゲンは23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、『ラビダ』(LAVIDA)の大幅改良モデルを初公開した。

ラビダは2008年4月、北京モーターショー08でデビュー。『ゴルフ』をベースに開発された中国専用の4ドアセダンだ。2008年6月に発売後、大ヒット車となり、2012年1月には累計セールスが70万台に到達。生産はフォルクスワーゲンと上海汽車の中国合弁、上海フォルクスワーゲンが担当している。

フォルクスワーゲンは今回、ラビダに初の大幅改良を実施。そのハイライトはフロントマスクの一新だ。ラビダは小型セダンだが、その表情は上級の『パサート』を思わせるデザイン。フォルクスワーゲンの最新DNAが表現された。

エンジンは3種類、ラインナップは4グレードで構成。ベースグレードでも、ABSやESP、エアバッグなどの安全装備を標準採用する。フォルクスワーゲンは「新しいラビダは先進の技術、広い室内、高いクオリティとコストパフォーマンスを備えたモデル」と自信をのぞかせている。

フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル(北京モーターショー12) フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル フォルクスワーゲンの中国主力セダン、ラビダの大幅改良モデル