伊東本国社長と倉石中国法人社長(北京モーターショー12)《撮影 池原照雄》

ホンダの伊東孝紳社長と、本田技研工業(中国)投資の倉石誠司社長は23日、北京モーターショー会場で日本記者団と懇談し、伊東社長はこのほど打ち出した中国での販売倍増計画について「私は(3年で倍増では)遅いと、倉石社長に言っている」と述べた。

倉石社長はモーターショー開幕を前に、中国事業の中期戦略を北京で発表。このなかで2015年までの3年間に10機種以上の新モデルを投入、同年の販売を11年比で倍増させる計画を示した。

ホンダの11年の中国販売は約61万台にとどまり、99年に本格進出して以来、初めてマイナスとなった。東日本大震災などによる減産の影響が大きいものの、日本の他社に比べ、伸び悩みが顕著となっている。

15年までは毎年20万台規模と、ハイペースの販売増を計画しているが、伊東社長はもっとペースを早めたいとの意向を示した。ただ、08年秋のリーマン・ショック後に設備投資を抑制したため、今後の能力増には時間がかかるという事情もある。それでも伊東社長は「中国では確固たるものを築くよう、積極的に取り組みたい」と強調した。

ホンダ(北京モーターショー12)《撮影 池原照雄》