東風ホンダのCIIMO(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》

ホンダと東風汽車の中国合弁、東風ホンダは23日、中国で開幕した北京モーターショー12(オートチャイナ12)において、『CIIMO(中国名:思銘)』を初公開した。

同車は、東風ホンダが初めて自主開発したモデル。先代の8世代目『シビック』をベースに、東風ホンダの研究開発センターが中国市場向けに開発したミドルクラスセダンだ。

ボディサイズは、全長4545×全幅1755×全高1450mm、ホイールベース2700mm。1.8リットル直列4気筒ガソリン「i-VTEC」エンジンを搭載する。トランスミッションは、MTとATを用意し、現地モードで14.5km/リットルという優れた燃費性能を実現する。

現地価格は、11万1800元(約144万円)から。ホンダは「中国最量販のミドルクラスセダンセグメントにおいて、自主開発モデルを投入し、より中国の顧客の嗜好に合ったラインアップを強化していく」と説明している。

東風ホンダのCIIMO。先代シビックがベース 東風ホンダのCIIMO(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風ホンダのCIIMO(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》 東風ホンダのCIIMO(北京モーターショー12)《撮影 土屋篤司》