パテント・リザルト 車両の前方衝突防止技術の特許総合力ランキング

パテント・リザルトは、車両の前方衝突防止技術について、参入企業の競争力に関する調査を行った。

1993年から2012年2月末までに日本の特許庁で公開された関連特許4166件が調査の対象。個別特許スコアリング指標「パテントスコア」による評価を、2012年2月末および2006年末の2つの時点で実施し、各時点での競合状況を特許の質と量から総合的に見た「特許総合力ランキング」を集計した。

集計の結果、1位日産自動車、2位本田技研工業、3位トヨタ自動車となった。

また、直近5年間の特許総合力ランキングの変化では、富士重工業が8位から5位と、順位を上げる結果となった。現在の有効特許1件当たりの注目度(総合力を有効特許件数で除した数値)で見ると、同社は本田技研工業に次ぐ、第2位と個別特許の注目度の高さがうかがえる。

1位日産自動車の注目度の高い特許には、車両の車線逸脱時に自車両の駆動力を制限し、車線逸脱回避制御を優先させることで、制動力と自車両の駆動力との干渉を防止する「車線逸脱防止装置」などが挙げられる。

2位本田技研工業の注目度の高い特許には、車両の安全装置において、状況に適した減速度で制動装置を作動することで、運転者の意図や感覚に適合させつつ接触を回避する「車両走行安全装置」などが挙げられる。

3位トヨタ自動車は、衝突する可能性のある障害物の種類を特定し、乗員等の保護を適切に図ることを目的とした「車両の衝突対策システム」などが注目度の高い特許として挙げられる。