マクラーレン《写真 ピレリ》

マクラーレンチーム代表のマーティン・ウィットマーシュは、ピットストップ問題の再発防止に向けた徹底調査をドライバーに対して確約した。

「これから徹底した調査を実施するが、このことは交代したガンマン(ホイールガン担当)個人に対する批判を目的としているわけではない。むしろひどく落ち込んでいるメカニックを支えてゆくことが、私たちチームの務めだということを明言しておきたい」

F1バーレーンGPでは、左リヤタイヤ装着のトラブルが2回も発生した。一度目はナットのペグと呼ばれる部分がホイール側に対して正しく入っていなかった。2度目は、ナットのネジ山の損傷が発見されたという。マクラーレンは最終ストップでこの左リヤ担当のガンマンを交代させている。

「ガンマンは一般のメカニックの中から志願した者が担当していて、特別な手当は支給していない。このことを考えても、私たちは個人に感謝することはあっても責めるつもりなど毛頭ない」

マクラーレン《写真 ピレリ》