イメージ

20日午前3時35分ごろ、東京都港区内の首都高速1号羽田線下りで、パンクして路肩に停車していた乗用車に対し、後ろから進行してきた中型トラックが追突する事故が起きた。乗用車は中破し、乗っていた5人が死傷している。

警視庁・高速隊によると、現場は港区港南4丁目付近で片側2車線の直線区間。乗用車はタイヤをパンクさせ、第1車線にはみ出す状態で路肩に停止していたが、そこに後ろから進行してきた中型トラックが突っ込んだ。

追突によって乗用車は中破し、後部座席に同乗していた50歳の女性は近くの病院へ収容されたが、頭部強打でまもなく死亡。運転者を含む10-40歳代の女性4人が打撲などの軽傷を負った・警察はトラックを運転していた富山県高岡市内に在住する42歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死傷に切り替え、調べを進めている。

調べに対して男は「キレイな風景に見とれていた。前のクルマが車線変更したことに気づくのが遅れ、停止していたクルマに追突してしまった」などと供述しているようだ。