中国の温家宝首相、ドイツのメルケル首相を招いて行われたフォルクスワーゲングループの中国新工場の調印式

フォルクスワーゲングループは23日、ドイツのウォルフスブルク本社工場に中国の温家宝首相、ドイツのメルケル首相を招き、中国に新工場を建設する調印式を行った。

新工場は、新疆ウイグル自治区のウルムチ市に位置。フォルクスワーゲンの中国合弁、上海汽車(SAIC)と共同で建設する。新工場には、約1億7000万ユーロ(約180億円)を投資。2015年に稼働し、年産台数は5万台を予定している。

さらにフォルクスワーゲングループは今回、もうひとつの中国合弁パートナー、第一汽車(FAW)との間での合弁契約を、25年延長すると発表。一汽フォルクスワーゲンは1991年に設立され、20年以上の協力関係を築いてきた。今回の契約延長で、さらにパートナーシップが深められる。

フォルクスワーゲングループのマルティン・ビンターコルン会長兼CEOは、「フォルクスワーゲンと中国は、30年に及ぶサクセスストーリーを築いてきた。中国自動車産業のパイオニアとして、今後も積極的な投資を行う」とコメントしている。

中国の温家宝首相、ドイツのメルケル首相を招いて行われたフォルクスワーゲングループの中国新工場の調印式 中国の温家宝首相、ドイツのメルケル首相を招いて行われたフォルクスワーゲングループの中国新工場の調印式