トヨタの中国専用ハイブリッドセダンコンセプトカー、ユンドンショワンチン

トヨタ自動車の豊田章男社長は北京モーターショー12において、23日のプレスカンファレンス後に取材に応じ、ワールドプレミアとして発表したハイブリッド車(HV)のコンセプトモデル『ユンドンショワンチン』を、2015年ごろには市場投入したいと表明した。

同コンセプトは、昨年開設した中国常熟市の研究開発センター(TMEC)が、開発を進めているHVのコンポーネントを搭載する。豊田社長は、「現地化を進めながらなので、トヨタの開発ペースとしては速い方だが、(中国の)世間からはそう思われない。一日も早く実現したい」と述べた。

このモデルは「今までの普及型のHVの延長線上にはないモデルにしたい」と指摘、中国市場のニーズを織り込んだHVに仕上げる方針を示した。また、同社の中核技術であるHVの現地化により、TMECは「相当力をつけることになるし、(開発力の向上に)期待している」と語った。

一方、スモールクラスのワールドカーとして、セダンとハッチバックを初公開した『チン』のスタイリングについて、「デザインにはこだわっている。トヨタのデザインは変わったねと言われるように力を入れたい」と強調した。

トヨタDear〜チン〜のセダンコンセプト トヨタDear〜チン〜のハッチバックコンセプト