ベッテル(レッドブル、F1バーレーンGP決勝)

実に2011年後半から3戦ぶりに勝利を飾ったセバスチャン・ベッテル(レッドブル)。しかし、F1バーレーンGPで勝っただけではタイトなシーズンの安心材料にはならないと言う。

「とても厳しいシーズンだ。マシンの性能差は小さく、ほんの小さな理由で日曜日の結果を大きく変えてしまう。タイヤを正しく選んで正しく取り扱い、セットアップもウィークエンドの毎日で正解を出さないと前には出られないという状況だ」

「開幕直後はマクラーレンが他を大きくリードすると予想されていたが、結果は必ずしも正しいとは言えないリザルトが続いた。でも、彼らが今も最強パッケージであることに変わりはないと僕も思うけどね」

「優勝できたことは素直に嬉しいが、この先どれくらいコンペティティブでいられるかなんて言えないよ。上海で2種類のパッケージで試行錯誤したことが、自分自身の弱点を知る上で非常に役に立った。その結果、バーレーンでは新しいパッケージに集中して前進を見ることができたのだから」

ベッテル(レッドブル、F1バーレーンGP決勝) ベッテル(レッドブル、F1バーレーンGP決勝) 優勝:ベッテル(レッドブル、向かって右)と2位:ライコネン(ロータス、F1バーレーンGP決勝)