中国の広汽ホンダが生産・販売するアコード

ホンダと広州汽車の中国合弁、広汽ホンダは23日、中国の増城工場の敷地内に、新たに第3ラインを建設すると発表した。

第3ラインは年内に着工し、2014年に稼働予定。稼働当初の年間生産能力は12万台で、将来的には24万台まで生産台数を拡大させる計画だ。

また第3ラインは、環境に配慮した高効率の生産ラインになる。広汽ホンダは第3ライン稼働に合わせて、新エンジン工場も建設する予定だ。ホンダの投資額は、第3ラインとエンジン工場を合わせて、35億6000万元(約460億円)となる見込み。

広汽ホンダの四輪車年間生産能力は、2014年に第3ラインが稼働すれば、現在の48万台から60万台へ、25%増える。また、東風汽車との合弁、東風ホンダは2012年7月、第二工場を稼働予定。2013年には四輪車年間生産能力が36万台に到達することになる。

広汽ホンダと東風ホンダを合わせたホンダの中国における四輪車年産能力は、2014年に現在の77万台から、3割増の101万台へ拡大する計算。ホンダは「世界最大の中国市場において、生産能力の拡大と研究開発などの現地化を進めることで、中国の顧客にフォーカスした新商品を早く、安く、低炭素で提供できる体制をいっそう強化していく」と述べている。