JR東海、東京駅(資料画像)

JR各社は、4月19日時点の2012年度のゴールデンウィーク(4月27日〜5月6日)期間の指定席予約状況を発表したが、各社とも予約状況は前年を大きく上回っており好調だ。

JR東日本は、前年に指定席発売を通常通り実施した上越・長野新幹線と中央線・ほくほく線の特急列車比較で、新幹線が前年同期比68%増の22万席、在来線を含めた全体では同67%増の32万席と好調。

前年は東日本大震災の影響から一部で指定席の発売が期間直前となった。全線区新幹線・在来線を平常だった一昨年との比較でも新幹線は同18%増の71万席、在来線を含めた全体では同11%増の93万席となっている。

JR東海の指定席予約席数は、東海道・山陽新幹線が同47%増の113万席、名古屋駅発着の在来線特急列車が同38%増の6万席となっている。

JR西日本によると関西地区を中心とした予約可能席数約233万席のうち、予約席数は79万9000席で前年比31%増、予約率は34%と前年より8ポイント高い。このうち、山陽新幹線の予約席数は同33%増の63万2000席、在来線が同26%増の16万7000席。

JR九州の指定席予約は、同19.4%増の20万6000席、予約率は33.6%と、前年より3.3ポイント高い。このうち、九州新幹線は同15.4%増の11万9000席、長崎本線が同22.8%増の5万席、日豊本線が同29.3%増の3万7000席。

JR北海道の予約席数は同36.8%増の5万1500席、予約率は31.9%で前年より8.3ポイントも高い。

JR四国の予約席数は同18%増の3万9000席と好調。予約率は25%と、前年を2ポイント上回った。