20日、米国ロサンゼルスで初公開されたメルセデスベンツのコンセプトスタイルクーペ

メルセデスベンツは20日、米国ロサンゼルスで開幕した音楽とアートのイベント、「Transmission LA: AV CLUB」において、『コンセプトスタイルクーペ』を初公開した。23日に開幕する北京モーターショー12に先駆けての公開となった。

コンセプトスタイルクーペは、3月のジュネーブモーターショー12で発表された新型『Aクラス』の派生車種。新型Aクラスや『Bクラス』用の「MFA」と呼ばれるモジュラープラットホームをベースに開発される、小型4ドアクーペを示唆した1台だ。

ボディサイズは、全長4637×全幅1891×全高1398mm。全長は『CLSクラス』の4940mmに対して、300mm短い。一方、ホイールベースは2699mmで、新型Aクラスと共通。駆動方式はFFを基本とし、4WDの「4マチック」も用意される。

エンジンは、新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボで、最大出力は211ps。トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「7G-DCT」だ。

スポーティで躍動感あるデザインが特徴のコンセプト スタイルクーペ。若い顧客をターゲットとしているため、米国ロサンゼルスでの音楽とアートのイベントが、ワールドプレミアの場に選ばれた。なお市販時には、『CLA』または『CLC』として登場すると見られている。

メルセデスベンツ・コンセプトスタイルクーペ メルセデスベンツ・コンセプトスタイルクーペ メルセデスベンツ・コンセプトスタイルクーペ メルセデスベンツ・コンセプトスタイルクーペ メルセデスベンツ・コンセプトスタイルクーペ