F1バーレーンGP決勝《写真 ピレリ》

F1バーレーンGP、レッドブルのセバスチャン・ベッテルが昨年のインドGP以来、久々の勝利を収めた。これが前年チャンピオンにとって今シーズン初勝利ということからもわかるように、2012年の戦いは極めて熾烈。今回のベッテルは、4戦して4人目の勝者だったのだから。

スタートからリードを奪ったのはPPスタートのベッテル。マクラーレンのルイス・ハミルトンとジェンソン・バトン、マーク・ウェーバー(レッドブル)をたちまち引き離したまでは良かったが、まもなく後方からロータスの2人が新たな脅威として浮上した。

ロータスのロマン・グロージャンは、7周目にハミルトンをパス。2周ほど遅れてピットストップの1巡目が始まる頃、キミ・ライコネンが11位スタートから3番手まで躍進してきた。ライコネンは20周目にはグロージャンに追いつき、さらに24周目にはポジションを交代したが、その直後にピットイン。ここから追撃を再開すると、2度目ストップの前には6.3秒だったベッテルとのギャップを2.2秒まで詰めてきた。

36周目、ベッテルとライコネンの差は1秒以内に縮まり、DRSを使ったオーバーテイク勝負が見られたが、ベッテルがT1で頑強なブロックでライコネンの攻撃を避けた。結果から言えば、ライコネンはこのとき勝利の女神を一瞬だけ垣間見たものの、以降ギャップは再び開いてゆくことになる。

優勝はベッテル。2位はライコネン。グロージャンはキャリア初の3位表彰台を確保し、ロータスに貴重なポイントを持ち帰った。4位は前後とも大きく開いた状態でウェーバーが滑り込む。

以下は、ポイント獲得10位までのドライバー。日本期待の小林可夢偉は13位と低迷した。1位:ベッテル、2位:ライコネン、3位:グロージャン、4位:ウェーバー、5位:ロズベルグ(メルセデスAMG)、6位:ディレスタ(フォースインディア)、7位:アロンソ(フェラーリ)、8位:ハミルトン(マクラーレン)、 9位:マッサ(フェラーリ)、10位:シューマッハ(メルセデスAMG)。

レッドブル(F1バーレーンGP決勝) ベッテル(レッドブル、F1バーレーンGP決勝) ライコネン(ルノー、F1バーレーンGP決勝) グロージャン(ルノー、F1バーレーンGP決勝) 小林可夢偉(ザウバー、F1バーレーンGP決勝)