自動車部品をメインにして開催される静安庄にある国際展覧センター《撮影 会田肇》

北京国際モーターショー2012(北京モーターショー12)がいよいよ25日より一般公開される。そのプレスデーが23日より開催されるが、自動車部品関連が出展する会場として用意された静安庄にある国際展覧センターでは早くもプレスパスの発行が始まっていた。

今回の北京モーターショーは、乗用車および商用車が国際展覧センターの新館で開催、部品は以前、メイン会場となっていた静安庄の国際展覧センターで開催される。このうち、事前のプレスパス発行は静安庄の方で行われた(当日発行は新館)。

帰りに会場を覗いてみると、まだ準備中とはいえ、ほとんどがほぼ完成の領域に達している様子。会場の外では搬入の車両がひっきりなしに訪れ、着々と準備が整えられている様子だった。ただ、この二つの会場はかなり離れた場所に位置し、公共交通機関では訪れにくい状況になってしまった。

プレスデー開催前日に自動車部品館の会場を覗くと最後の仕上げに取りかかっていた《撮影 会田肇》 プレスパスの発行で列を作るメディア関係者たち。事前登録制によってスムーズな発行が行われていた《撮影 会田肇》