デロリアン

トヨタ自動車の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)は、「クラシックカー・フェスティバル」を5月27日に開催する。

同フェスティバルは、クラシックカーファン醸成を通じた自動車文化の継承、ならびに地域との連携を深めることを目的としたイベントで、今回で23回目を迎える。

恒例の一般参加のクラシックカー約100台による公道パレードや展示のほか、1912年に生産され史上初のスポーツカーと言われる『イスパノスイザ アルフォンソXIII』など、同館所蔵車両の走行披露も行う。

その他、今年1月に施行された長久手市制を記念したPRステージやブース、人気車両『デロリアン』などの乗車撮影会、交通安全ゾーンなど、多彩なイベントも展開する。

またココロハコブプロジェクトの一環として「東日本大震災」支援募金やチャリティマーケットを行い、その売り上げを、長久手市を通じて日本赤十字社に義援金として寄付する。

入場料は無料。