三菱益子社長(タイ)《撮影 福田俊之》

三菱自動車の益子修社長はタイで行った小型の世界戦略車『ミラージュ』のラインオフ式後の記者懇談会の席で、日本の人口が大幅に減少するとの将来予測から「日本の人口が2050年までに1億2000万人から9000万人に減ってしまうと、どう考えても内需が拡大するというマジックはあり得ない」と述べた。

このため、「今後も消費の拡大が見込めるタイをはじめとするASEANなどの新興国に目を向けるのはごく自然の流れである」と強調した。

同社はタイのバンコク郊外にあるラムチャバン工場内の第3工場と呼ばれる新工場でミラージュの本格量産を開始したが、三菱自動車が新工場を立ち上げたのは、1996年に同工場にある第2工場で1tピックアップの生産を開始して以来、実に16年ぶりのことである。

今回、第3の新工場が本格稼働したことでタイの生産能力は年産46万台に拡大。同社のグローバル生産体制の中では日本とともに、中核拠点と位置付けられている。

益子社長は「なぜ、タイなのかとよく聞かれるが、タイの周辺国を見渡してもバングラディシュやミャンマー、それにインドなど成長著しい国が多く、輸出拠点としてもしっかりとしたマーケットを築くことができる」と指摘。

さらに、タイ政府は環境性能や部品調達などの一定の基準を満たせば法人税を8年間免除するなどの優遇政策を打ち出すなど、自動車産業の育成を重要政策の柱に掲げている。このため、アジア市場などを開拓するための絶対条件とされる「低価格・低燃費」というグローバルスモールカーを生産する上でも、益子社長は「タイは最適の国」とみているようだ。

三菱益子社長(タイ)《撮影 福田俊之》 三菱ミラージュがラインオフ 三菱ミラージュ(バンコクモーターショー12)《撮影 工藤貴宏》 三菱ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影野口岳彦》 三菱ミラージュ(東京モーターショー11)《撮影 野口岳彦》