イメージ

18日午後6時20分ごろ、福井県若狭町内の国道27号を走行中のバイクが対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた大型トラックと正面衝突する事故が起きた。バイクの運転者が死亡。前走車を追い抜こうとした際に接触、これが原因で逸脱したとみられる。

福井県警・敦賀署によると、現場は若狭町成願寺付近で片側1車線の直線区間。バイクは前走する軽ワゴン車を追い抜いた直後、斜行するようにして対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた大型トラックと正面衝突した。

バイクは転倒。運転していた同町内に在住する22歳の男性は頭部を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。トラックの運転者にケガはなかった。

バイクが追い抜いた軽ワゴン車の右側面には運転者の見覚えがない擦過痕があり、警察では追い抜いた際にバイクが接触し、これが原因でバランスを崩した可能性が高いとみている。