デロリアンDMC-12のEVプロトタイプ(ニューヨークモーターショー12)

米国で4日、開幕したニューヨークモーターショー12。デロリアンモーターカンパニー(DMC社)のブースでは、2013年の市販化を明言している『DMC-12』のEVバージョンが、モーターショーデビューを飾った。

今回披露されたのは、開発段階のプロトタイプ車。同社によると、モーターは最大出力260psを発生。オリジナルのDMC-12の2.8リットルV型6気筒ガソリンエンジンが最大出力130psだから、EV化で2倍のパワーを獲得する計算だ。0-96km/h加速は4.9秒、最高速は200km/hだという。

二次電池は、蓄電容量32kWhのリチウムイオンバッテリー。1回の充電で走行できるのは最大160kmと、米国仕様の日産『リーフ』と同じだ(日本仕様のリーフは、JC08モードで200km)。充電時間は110Vソケットで3‐4時間、220Vソケットなら、2時間以内に完了する。

同社は今後、複数のプロトタイプ車による開発を続行。2013年初頭の発売を目指す。

デロリアンDMC-12のEVプロトタイプ(ニューヨークモーターショー12) デロリアンDMC-12のEVプロトタイプ(ニューヨークモーターショー12) デロリアンDMC-12のEVプロトタイプ(ニューヨークモーターショー12) デロリアンDMC-12のEVプロトタイプ(ニューヨークモーターショー12)