2010年、F1バーレーンGP

昨2011年のレースが中止となったF1バーレーンGPでは、スタート/フィニッシュラインを挟むメインストレートに初めてDRSゾーンが設定された。ちなみにF1でDRSが採用されたのは、2011年が初年度である。

DRS判定のための検出装置は、T14手前108mに配置される。スタートもしくはリスタートから3周目以降、先行車の1秒以内に近接したドライバーは、この最終コーナー(T14)の270m先からDRSを使用して、T1でのオーバーテイクの成功率を上げることが許される。

HRT(2011年、F1バーレーンGP) フェラーリ(2011年、F1バーレーンGP)