17日午前1時ごろ、長野県佐久市内の国道141号で、車道に倒れている男性を通行人が発見。警察に届け出た。男性は収容先の病院で死亡。警察は死亡ひき逃げ事件として捜査を開始。警察は後に出頭した33歳の男をひき逃げ容疑で逮捕している。

長野県警・佐久署によると、現場は佐久市長土呂付近で片側3車線の直線区間。交差点の手前部分で、横断歩道や信号機は設置されていない。現場を通りかかった運転者が第1車線上にうつ伏せに倒れている男性を発見。警察に届け出た。

男性は近くの病院へ収容されたが、全身強打が原因でまもなく死亡。着衣にはひきずられたような痕跡があり、警察では死亡ひき逃げ事件として捜査を開始した。

翌18日に運送会社の関係者から警察に対して「社員がトラックに乗車中、ひき逃げ事故を起こしたようだ」という連絡があり、警察では33歳の男から任意で事情を聞いていたが、車両に事故の痕跡があり、男も容疑を大筋で認めたことから、自動車運転過失傷害と道路交通法違反(ひき逃げ)容疑で逮捕している。

死亡した男性は複数箇所の骨折があり、警察では他の車両が関係した可能性も視野に入れ、事故発生の経緯を詳しく調べている。