イメージ

福岡県警は16日、酒に酔った状態でクルマを運転してコンビニエンスストアへ買い物に行ったとして、49歳の男を飲酒運転の現行犯で逮捕した。コンビニ側から「飲酒運転の男が来店した」との通報が寄せられていた。

福岡県警・筑紫野署によると、道路交通法違反(酒気帯び運転)の現行犯で逮捕された49歳の男は16日の午前2時ごろ、大野城市大城1丁目付近で軽乗用車を酒気帯び状態で運転した疑いがもたれている。

これに先立つ同日の午前0時45分ごろ、現場近くのコンビニエンスストアから「明らかに酒に酔っていると見える男がクルマで来店した」と警察に通報が寄せられた。その後、男はコンビニ駐車場にクルマを放置して離れたが、午前2時ごろ再び来店。クルマに乗り込んで店を出た直後、警戒中の同署員が発見。抑止した。

男にアルコール検知を実施したところ、呼気1リットルあたり0.65ミリグラムの高濃度アルコール分を検出したことから、道交法違反の現行犯で逮捕している。

警察では男を厳しく追及。飲酒した場所や量の特定を進めている。