SKYACTIV-G 1.3 エンジン

マツダは19日、同社の研究者5人が日本機械学会より2011年度「日本機械学会賞(技術)」を受賞したと発表した。受賞式は4月20日、明治記念館にて行われる予定。

受賞対象となったのは「超高圧縮比ガソリンエンジンの開発 - 10・15モード燃費30km/リットルの実現 -」。

今回の受賞では、高圧縮比化した際に、燃料分子内部の結合が点火前に切れて起こる熱発生(低温酸化反応)がノッキング抑制や出力向上につながることを発見し、開発に活用した点などが評価された。

さらに、徹底した機械抵抗低減、マツダ独自のアイドリングストップシステム「i-stop」の改良、無段変速機(CVT)の精密な制御などを行うことで、同エンジンを搭載した『デミオ』において30km/リットルを実現した点も高く評価された。