EVタクシーシェアのりば≪撮影 小松哲也≫

電気自動車(EV)タクシーと従来型のタクシーを交互に配車する乗り場をつくることでEVタクシーの乗車機会を増やそうという全国でも初の試みが横浜市で18日から始まった。

これは「EVタクシーシェアのりば」と名付けられた日産自動車や神奈川県、横浜市、神奈川県のタクシー協会などの共同による実証実験で、7月20日までの平日の午前8時から午後6時まで行われる。

乗り場は横浜市の済生会横浜市東部病院に設置。敷地内に既存のタクシー待機所とは別にEVタクシー専用の待機所を設けて、EVと従来車を1台ずつ交互に乗り場に配車する仕組み。EVが待機していない時は従来型のタクシーを順に配車するという。

この乗り場からEVタクシーを利用した人に「EVタクシーを従来のタクシーよりも優先して利用したいか」や「今回の取り組みを本格的に続けた方が良いか」など3項目の質問を乗務員が聞き取りで調査するほか、EVタクシーの営業データなども踏まえて有効性を検証するとしている。

実証実験に参画している神奈川県の担当者は「今回の結果を踏まえて、県内でこうしたシェア乗り場あるいは専用乗り場を設けていくことを検討する」と述べている。

EVタクシーシェアのりば≪撮影 小松哲也≫ EVタクシーシェアのりば≪撮影 小松哲也≫ EVタクシー専用待機所≪撮影 小松哲也≫