ANAボーイング787、バイオ燃料でデリバリー飛行

全日本空輸(ANA)とボーイングは、最新のボーイング「787」型機にバイオ燃料を搭載して太平洋横断フライトを実施した。

ANAが受領する7号機目の787にバイオ燃料を搭載し、米国ワシントン州エバレット4月16日発、羽田17日着のデリバリーフライトとして実施した。低燃費エンジンや軽量機体で環境負荷の小さい787と、環境に優しいバイオ燃料との相乗効果で、ボーイング「767」型機と比べ約30%のCO2削減を見込む。

ANAでは、今回のフライトを「ANA FLY ECO 2020 - もっと、ずっと、青い空へ -」の取り組みの一環とする。環境課題への取り組みを進め、「エコ・ファースト企業」として地球温暖化抑制のため取り組んだ。今回搭載したバイオ燃料は使用済み食用油を主体としており、既存の石油由来のジェット燃料(ケロシン)に、バイオ燃料を15%混合している。

今回のデリバリーフライト限定の対応としてボーイングのデザインによるバイオ資源由来の航空燃料と、航空会社の結びつきを象徴した「Sustainable Aviation BIOFUEL」のロゴマークを取り付けた。

ANAボーイング787、バイオ燃料でデリバリー飛行 ANAボーイング787、バイオ燃料でデリバリー飛行