新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)

米国で4日、開幕したニューヨークモーターショー12。日産自動車のブースの主役は、新型『アルティマ』が務めた。

アルティマは、日産の米国における最量販モデル。2011年は、前年比17.3%増の26万8981台を売り上げた。この台数は乗用車としては、トヨタ『カムリ』の30万8510台に次ぐ第2位という人気車である。

それだけに日産は、新型アルティマに戦略的な価格設定を打ち出した。ニューヨークモーターショー12の会場では、新型のベース価格が2万1500ドル(約173万円)とアナウンスされたのだ。

このベース価格は、競合するトヨタ・カムリのベース価格、2万1955ドル(約177万円)よりも割安な設定。日産は新型アルティマで、ベストセラー車のカムリの牙城を崩そうと本腰を入れてきたと受け取れる。

北米日産のブライアン・キャロライン副社長は、「革新的なデザインに洗練されたインテリア、高いドライビングパフォーマンスに多彩なコネクティビリティ…。今夏の新型発売の際には、顧客から熱烈な支持を受けると確信している」と述べ、新型の販売に自信を示している。

新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12) 新型日産アルティマ(ニューヨークモーターショー12)