日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》

東京ビッグサイトで開催中の国際海事展「SEA JAPAN」。日本郵船は、太陽光エネルギーを動力源の一部とする自動車専用船「アウリガ・リーダー」の模型を展示。一隻しかないこの船について「トヨタ張り付けの船で主に日本と北米を結ぶ航路で活躍する」と担当者は説明する。

「張り付け」とは「専用」という意味と担当者。6万0213総tのアウリガ・リーダーは、日本でトヨタ車を積み、北米までの海路を「約10日から15日かけてすすむ」という。

「帰路はバラストを積み、ほとんど空の状態。日本でクルマを積み込み、北米でそれらを下ろして戻ってくるまでで約1か月かかる。それをワンラウンドと呼ぶと、この船は年間で約240日運行すると考えて20ラウンド前後をこなしている」(同)

日本郵船と新日本石油が共同開発したこの太陽光パネル搭載船は、一般的な自動車専用船に比べ、年間約13tの燃料節減と約40tのCO2排出量削減が見込まれている。

造船技術や海事関連サービスなど、船舶を中心とした国際海事展「SEA JAPAN」は、18〜20日開催。10回目の今回は、過去最大規模となる、世界30の国と地域から400社を超える出展社が参加している。

日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》 日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》 日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》 日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》 日本郵船の不定期専用船事業の自動車船部門で活躍するアウリガ・リーダーの模型《撮影 大野雅人》