隅田川下流域には佃島や晴海、台場のビル群が広がる《撮影 大野雅人》

東京スカイツリー(東京都墨田区)の「天望回廊」(450m)や「天望デッキ」(350m)が17日に公開され、湾岸エリアの摩天楼や東京ゲートブリッジをはじめ、一瞬ゾクッとするガラス床からの景色などが眺められた。

ほぼ逆光となる南側は、碁盤の目状に道が敷かれた江東区の街並みを手前にし、その先に夢の島公園、JR新木場駅、首都高速湾岸線などを望める。新木場の貯木場や物流エリアの向こうには、東京ゲートブリッジや東京湾アクアライン「風の塔」も見える。晴天であれば房総半島や羽田空港などもはっきりと確認できるはずだ。

隅田川下流域には、清洲橋や永代橋、渋滞の激しい首都高箱崎ジャンクション、さらに晴海・台場エリアのビル群が広がる。“先代”となる東京タワーも、真新しいビルたちといっしょに見える。

高所恐怖症の人などは敬遠するかもしれないが、地上から340mの展望フロアにあるガラス床からの真下の眺めは迫力がある。報道陣のなかには「ちょっと怖くてガラスの上に乗れない」としりごみする人の姿も見られた。

5月22日開業の東京スカイツリー。レストランやカフェ、ガラス床などがある天望デッキは入場料大人2000円。最高到達点となる天望回廊へはさらに1000円が必要となる。

JR総武線・錦糸町駅を手前に、猿江公園など江東区の街並み、JR新木場駅や首都高葛西ジャンクションなどが見える《撮影 大野雅人》 門前仲町などの街並みを手前に、夢の島公園、新木場貯木場、さらに東京ゲートブリッジを望む《撮影 大野雅人》 隅田川下流域には佃島や晴海、台場のビル群が広がる《撮影 大野雅人》 地上350mの天望デッキと450mの天望回廊を結ぶエレベータは、ガラス天井となっていて、移動の臨場感を味わえる《撮影 大野雅人》 西側には旧業平橋駅(現とうきょうスカイツリー駅)を通過する特急スペーシアの姿も《撮影 大野雅人》 碁盤の目状に整然と広がる墨田区・江東区の街並み《撮影 大野雅人》 夢の島公園、新木場貯木場、東京ゲートブリッジの先に、東京湾アクアライン「風の塔」の姿も《撮影 大野雅人》 展望レストランの営業は11時00分から21時45分まで《撮影 伊牟田まどか》 ガラス床から真下の街を眺める。東京スカイツリーの鉄骨もよく見える《撮影 伊牟田まどか》 天望デッキで販売されている「ソラカラちゃんパフェ」と「スカイソフト」《撮影 伊牟田まどか》 グッズ販売店ではソラカラちゃんたちがいっぱい《撮影 伊牟田まどか》