イメージ

13日午後10時35分ごろ、北海道根室市内の国道44号を走行中の乗用車が対向車線側へ逸脱。対向車線を順走してきた軽乗用車と正面衝突する事故が起きた。双方のクルマは中破。軽乗用車側の2人が死亡。乗用車の運転者も軽傷を負っている。

北海道警・根室署によると、現場は根室市湖南付近で片側1車線の直線区間。乗用車は路上に飛び出してきたエゾシカを避けようと急ハンドルを切ったが、そのまま対向車線側へ逸脱。直後に対向車線を順走してきた軽乗用車と正面衝突した。

軽乗用車は道路脇の斜面に転落して中破。乗っていた60歳代の男女は全身を強打して収容先の病院で死亡。乗用車を運転していた東京都世田谷区内に在住する19歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

乗用車を運転の男性は帰省中。現場付近では以前からエゾシカが車道に侵入。事故に至るケースが多々あり、防護柵を設置していた。