13日午後0時30分ごろ、兵庫県三木市内の県道で、交差点を進行していたトラックと軽ワゴン車が出会い頭に衝突する事故が起きた。トラックは弾みで歩道に乗り上げ、77歳の女性を直撃。女性は収容先の病院で死亡している。

兵庫県警・三木署によると、現場は三木市岩宮付近。交差点には信号機が設置されている。トラックと軽ワゴン車は交差点の中央部で出会い頭に衝突。トラックは弾みで路外に逸脱して歩道に乗り上げ、信号待ちをしていたとみられる77歳の女性を直撃。さらに電柱へ衝突した。

歩行者の女性はトラックの下敷きとなって全身を強打。近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡した。軽ワゴンを運転していた62歳の女性も打撲などの軽傷を負っている。警察はトラックを運転していた同市内に在住する63歳の男を自動車運転過失傷害の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを進めている。

車両や電柱の損傷レベルから、トラックは相当のスピードを維持したまま衝突に至った疑いがあり、警察は当時の信号表示状況を含め、事故発生の経緯を詳しく調べている。